脳動静脈奇形の治療方法|先天性の病気である脳動静脈奇形について調べてみよう

脳動静脈奇形の治療は病巣の大きさによって異なる

治療は状況や状態によって異なる

脳動静脈奇形は大きさや出来ている場所によって治療の難易度や方法が変わってきます。大きな状態であれば、手術がしやすくなるまで細かな治療を数回行ないますし、小さな病巣は一回の摘出手術で完治する場合もあるのです。

脳動静脈奇形に適している治療ランキング

no.1

開頭手術

脳動静脈奇形に適している治療ランキングで1位になったのは開頭手術です。開頭手術で脳動静脈奇形を取り除く事ができれば再発防ぐことが出来ます。そのため脳動静脈奇形に適した治療とされています。

no.2

血管内治療

血管内治療は動脈内にカテーテルを通して病巣まで辿り着けば、コイルや絹糸などを使って閉塞させる治療になっています。この治療単体で行なうより、血管内治療で脳動静脈奇形を小さくして摘出することが多いのでランキングでは2位になっています。

no.3

ガンマナイフ治療

脳動静脈奇形に適している治療ランキングで3位になっているガンマナイフナイフ治療は、的確に治療を行なうことが出来ます。しかし、照射されるガンマ線は放射線の一種になっているためにランキングでは3位なのです。

脳動静脈奇形の治療方法

頭を押さえる人

脳動静脈奇形の治療

脳動静脈奇形は脳内の動脈や静脈がうまく分岐出来ずに絡まり合っている状態のことを指します。この病気は生まれつきのものとなるため、発見が遅れてしまう傾向にあります。また治療法は脳動静脈奇形の大きさによって異なってくるのです。

病巣が大きい場合

脳動静脈奇形が3センチメートル以上の大きなものだと、一回の治療で取り除くのが難しいケースがあります。そのため、摘出手術では比較的大きな部分を先に摘出し、残った部分をガンマナイフで取り除く方法が適しています。

脳動静脈奇形が小さい場合

3センチメートル未満の小さな脳動静脈奇形であれば、摘出手術が向いています。脳の手術となると心配なのが後遺症ですが、脳動静脈奇形の手術のほとんどが後遺症が残らない治療となっているので問題ありません。

出血経験があると

脳動静脈奇形が破裂して、脳内出血を一度起こしたことがある方は再出血のリスクが高まります。そのためなるべく早めに手術を行なう必要があります。また年齢が若い方も老化と共に出血のリスクが上がってくるので、脳ドックなどの特定健診を受けておくといいでしょう。