脳動静脈奇形の特徴や症状について調べる

発症箇所によって症状が違う

脳の病気は発症する箇所によって症状が全く異なります。脳にはいくつかの器官があるので、器官別に問題が起きた場合の症状を知っておくようにしましょう。自覚症状などを事前に調べておくといざというときに役立ちますよ。

新着情報

脳の部位を紹介

「前頭葉」

脳の大部分が「前頭葉」になっています。この前頭葉は、言語を発するための役割を担っている器官となり、万が一この器官で問題が起きてしまうと自分が思っていることをきちんと言葉に出来ない障害が起きてしまいます。

「頭頂葉」

「頭頂葉」は物を視認すること主にを担当しています。しかし、前頭葉、後頭葉、側頭葉の様々な器官に隣接しているので、前頭葉に問題がなくても他の器官によって弊害を受けてしまう可能性もあります。

「後頭葉」

「後頭葉」の働きは物の形、色、距離感などの空間認知を行なっています。視覚連合野と呼ばれる色、形、距離感を判断する器官が連なっているので目に異常が起きた場合は、後頭葉に問題がある可能性もあります。

「側頭葉」

「側頭葉」は他の脳の器官よりも様々な役割を持っています。言葉の理解、記憶や感情、音の聞き分け(聴覚)、物事の判断などです。どの働きも重要な働きとなっているため、前頭葉などに比べると奥のほうに存在している器官となっています。

重要な器官である脳の病気

男女

生命活動の司令塔

生き物の体には様々な組織、器官、細胞があり、これらのすべてが生きるために活動をしています。活動の司令塔でもある脳は、人体の中でも最も重要な器官の一部になっており、脳が活動を停止してしまうと命に関わってしまうのです。脳の働きの重要性については多くの方々が理解しているでしょう。しかし、その脳に影響を与える病気についてまでは把握していない方のほうが多いです。脳の病気として一般的な脳卒中は、脳内の毛細血管や動脈、静脈に問題が起きた時の状態や症状を示しています。脳卒中は大きく分けて、血管が詰まる状態と血管が破裂する状態に分かれています。血管が詰まり、脳が正常に機能しなくなると「脳梗塞」「脳血栓症」「一過性脳虚血発作」などを引き起こします。また脳内の血管が破れてしまうと「脳出血」「くも膜下出血」といった病気を引き起こすのです。

生まれ持っての病気

病気が発症するにはいくつかの要因があります。育った環境や摂取する食べ物によって引き起こされる病気もあれば、生まれ持っての病気も存在しています。これらは先天性か後天性で分けられており、生まれ持っての病気の場合は先天性、環境や何らかの影響を受けて発症する病気に関しては後天性となります。脳の病気もこの二種類に分けることができ、脳梗塞や脳出血などの病気は蓄積されたダメージや何らかの影響を受けて発症するため、基本的には後天性の病気と分類されることが多いです。しかし脳の病気で先天性とされている「脳動静脈奇形」は別で、胎児の時に脳の形成が行われる際、脳内の血管が分かれることが出来ず絡み合ってしまうことで発症してしまう病気になっているのです。脳動静脈奇形を発見するには専門外でMRIなど使い脳内血管の状態を確認する必要があります。

脳血管疾患で多い病気ランキング

no.1

【くも膜下出血】

脳血管疾患で多い病気ランキング1位は【くも膜下出血】です。この病気は脳内血管の破裂によって引き起こされる病気になっており、脳内血管の破裂部位がくも膜という部分で起きた場合になる病気です。高齢者や喫煙習慣のある方に多い病気のためランキングでは1位になっています。くも膜下出血の場合は早急に治療を行わなければ、言語障害や麻痺などの後遺症を残してしまう可能性を持つ危険な病気として有名です。

no.2

【脳出血】

くも膜下出血に次いで脳血管疾患で多い病気ランキング2位になったのは【脳出血】となりました。脳出血もくも膜下出血同様、脳内の血管が破れて出血することにより引き起こされる病気なのですが、くも膜下出血とは違い脳内のどの部分で出血をしたかの特定が必要になる病気です。転倒などの外部からの衝撃で生じることもあれば、血管の老朽化によって起きる場合もあるので脳血管疾患としては多いとされています。

no.3

【脳動静脈奇形】

【脳動静脈奇形】は脳血管疾患で多い病気ランキングでは3位となっています。この病気は先天性の病気になっているため、発見が遅くなりがちな病気です。また、実際に自覚症状に気づくのが遅いのもランキングで3位になっている理由となります。脳内の動脈、静脈、毛細血管が複雑に絡み合った状態になっているので、脳動静脈奇形の大きさによって症状に差が出てくるとされています。

[PR]

下肢静脈瘤の基礎知識を徹底解説!
脚のデコボコを改善しよう

脳動静脈奇形でお困りなら注目!
名医が症状や腫瘍の形状に合った治療法を提示してくれる!

卵巣がんの治療は免疫療法がピッタリ
施術の特徴を詳しく解説!